虫歯の親知らずを抜歯した話

親知らずが虫歯になっていたが、数年放置していた。放置の理由は、「痛みがなかったこと」「歯医者に一度かかると、何回も通わなければならず、仕事が忙しかったのでできない」ことでした。

あるとき、仕事で1週間の東京出張中、夜中になると歯が痛くて眠れなくなった。出張中のため、歯医者に行くことができず出張中は鎮痛剤を飲んでしのいでいた。出張から帰ってすぐに歯医者の予約を取り、診察に行った。

レントゲンを取り、抜歯することに。先生曰く虫歯で歯の淵だけが残っている状態とのこと。麻酔をし、ペンチのようなもので引っ張るが、歯がぼろぼろしまい抜けないとのこと。結局メスで歯茎を切開しようやく抜けたとのこと。抜歯までにかかった時間はなんと2時間!その間口を開けっぱなしだったため、顎の痛いこと。その後は麻酔が切れても痛みが出ることもなく安心した。

産後、歯にダメージが

妊婦の歯科検診では全く問題なかったのですが、2回の出産を経た私の歯は思った以上にダメージを受けていました。キッカケは昔に治療した虫歯の詰め物が取れた事なのですが、次々と歯のトラブルに見舞われました。神経までダメになった歯が2本、歯周病により歯茎がかなりさがっていて冷たい食べ物がしみて仕方がありません。歯茎が下がった事により歯の面積が広くなり、隙間に食べ物が挟まるのも頻繁です。妊娠中から歯磨きは気をつけていたのですが、2回の妊娠で子供達に歯の成分を持っていかれたようです。子供達は可愛いし仕方ないとは分かっていても、どうにかならなかったかな?と悔しく思う時もあります。今後は歯周病が進まないよう、虫歯にならないよう、注意しながら歯磨きを頑張っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です